第一印象で、「得をする人」・「損をする人」 1.

こんにちは。しぎはら ひろこ(鴫原 弘子)です。

【プレゼンス・マネジメント】のおもしろさ、
すぐに実行できる裏技・目からウロコの驚き情報など、
このコラムで紹介していきたいと思っています。
(質問等があったら、Q&Aのコーナーでお答えしますネ!)

どうぞ、よろしくおねがいします。

人は、初対の相手に対して「第一印象」を抱きます。

ビジネスの場、プラーベートのお買い物時、
通りすがりの見ず知らずの人。。。。。。。。

無意識に「素敵!いやなカンジ!」など、
一瞬にして印象をインプットしていませんか?

わたしは職業柄、人の印象をプレゼンスマネジメントの視点で、
無意識に分析していたりします。
(初対面の方の、着ていた服・持ち物・特徴を
かなり細かく、絵で再現できるという特技がありマス)

仕事仲間や、友人に、初対面の相手について
『で、どんな人?』と尋ねると、

「なんか、カンジ悪いよね!」
「話すといい人なのに、第一印象で損してるよね」とか

「一度あったら、忘れない強い印象あったよね」
「オーラが出てるって感じで素敵!」とか

真っ先に返ってくるのが、
「第一印象から受けたプレゼンス=存在感」に対する答え。

とっても素晴らしい内容の話しをしても、
充分にお金をかけて、一流の上質な洋服を着ていても
必ずしも、好印象が得られるわけではないところが
「その人が発する存在感」の妙。

つまり、「第一印象」を決める「存在感=プレゼンス」には、
その人の人格形成をなす多くの要素が含まれていて、
一瞬で、好印象は完成しないものなのです。

          ★続きは 2をご覧くださいネ!

第一印象で、「得をする人」・「損をする人」 2.

★1からの続き(前文は、第一印象で、「得をする人」・「損をする人」の1をご覧くださいネ!)
 
第一印象」を決める「存在感=プレゼンス」には
その人の人格形成をなす多くの要素が含まれていて、
一瞬にしては、好印象は完成しないものなのです。

商品の「中身とパッケージのバランス」と同じ。

缶詰は開けて、味わって中身が初めてわかるもの。
でも、たくさんある陳列棚の中から、
思わず手に取りたくなるようなパッケージじゃないと
買ってもらうことさえ出来ません。

わたしは、ビジネス時の自分は、常に商品だと思っています。
ですから、「洋服は、職業の中身に相応しいパッケージ」と考えています。

「商品として、選んでいただく=顧客と仕事を引き寄せる」ために、
目的に応じて、服を選んでいるのです。

もちろん、缶詰と同じで
中身が美味しくなかったら、二度と買ってはいただけませんよね。
(仕事の依頼が、来なくなってしまうってことなのです)

つまり、プレゼンスとは
【内面=人としてのあり方】→精神・知恵・仕事のスキル・心意気・礼節(マナー)
【外面=表現力】→言葉使い・話し方・立ち振る舞い・装い
がミックスされた、その人が持つ固有のバランスなのです。

そして、【内面】と【外面】のバランスを取るための
マネジメント力を磨く事によって、
「内面と外面のバランスが美しく調和された人」となり
好印象を得る事が出来るのです。

あなたのバランスは、いかがですか?

次回は、「印象の謎」について、お話します。

おたのしみに! ☆★しぎはら ひろこ(鴫原 弘子)

第一印象で、「得をする人」・「損をする人」 3

★(前文は、コラム:第一印象で、「得をする人」・「損をする人」

の1&2をご覧くださいネ!)

こんにちは、鴫原です。

前回のコラムでは
「第一印象」を決める「存在感=プレゼンス」には
その人の人格形成をなす多くの要素が含まれていて
一瞬にして、好印象は完成しないものなのです。

と、缶詰の例でお話しさせて頂きました。

今回は、わたしの研修から
「印象コントロール」についての
事例をご紹介します。

先日、ある大手企業主宰で
(公認会計士 ・税理士 ・行政書士 ・弁護士 ・社会保険労務士 )
を職業とされている方向けの研修をしました。

士業の方たちは、同業者がたくさんいらっしゃって

『この案件は、あの先生!』

というように、

他の先生と「どこが違うか」

といった
差別化を図るための
「プレゼンス・マネジメント」が
重要なキー・ポイントとなります。

例えば

「弁護士の〇〇です」というよりは
「誠意と情熱であなたを支援、弁護士の〇〇です」

という、キャッチコピーをつけることによって
人柄や、仕事への姿勢を瞬時に伝え、
強い印象を与える事が出来ますよね。

この「キャッチフレーズ」と「本人から受ける印象」
が、合致している事が重要です。

他人への印象は「誠実そう」・「熱意がある」
というようにひとことで表現できても
いざ「自分は?」というと、
なかなか思い浮かばないし、
『思い込み?』という、
不安な一面もあるのではないでしょうか?

そこで、わたしの研修では、
お互いの印象を
「キャッチコピー」をつけて述べ合い、
本人とのブレがないかを、
全員でジャッジメントし、
「ビジネス上、有効に働くキャッチコピー」を
個々の印象に重ねて、皆で探していきます。

   ★続きは、次回(コラム4)で。お楽しみに。

第一印象で「得をする人」・「損をする人」 4

前文は、コラム:第一印象で、
「得をする人」・「損をする人」の1〜3をご覧くださいネ!)

こんにちは、鴫原です。

前回のコラムでは、

「ビジネス上、有効に働くキャッチコピー」を
個々の印象に重ねて、皆で探していきます。

と、お話しさせていただきました。

「自分にキャッチコピーを付ける」ために
参加者全員が、個々に対しての
イメージ・印象を述べ合います。

上がってきたキーワードをベースに
自分の目指す仕事のあり方を重ね
ビジネスに有効に働くような
キャッチコピーを作って行きます。
(*業種によってキーワードはかなり違ってきます)

全員のキャッチコピーを書き出し
そこから抱く「印象・どんな人かというイメージ」
を客観的に述べ合い
最後に本人が「この方だったら?」
と、ブレがないように決めていきます。
 
ここでよく出るのが外見とのブレについて。

「そのキャツチだと、中身と服が違う感じ」
「知性が売りなのに、赤系のネクタイはイメージと違う」

といった、服装に対するアドバイスも
飛び交います。

『自分として考えるより、

【誠意と情熱であなたを支援、弁護士の〇〇です】
と、置き換えると

自分が、どのように仕事すべきか
話し方・身のこなし・着る服のイメージまで
ハッキリ見えてきました。

自分の腑におちるキャッチコピーを持つと
こんなにいろいろな事が明確になるんですね!』

ほんとにそうなんです!

そして、一番うれしいのは
キャッチコピーが本人の腑に落ちると同時に

「瞳に力と輝きが宿る瞬間」を、
参加者全員で共有する事が出来る事。

『こんな研修、今までなかった。
すごく晴れ晴れとした気持ちで
やる気がわいてきました!』

毎回皆様から頂くうれしいお言葉です!

 ★是非、皆さんも自分にキャツチコピーをつけてみてくださいね。

  しぎはら ひろこ

「華やかで、好印象!」のパンツスタイルのコツ

こんにちは、鴫原です。

先日、取引先の営業職の女性から
こんな質問を受けました。

『いま、持っているパンツスーツは
黒やチャコールグレイといった暗い色ばかり・・・
地味な気がしています。
たまには明る色を着たいんですけど、どうしたらいいですか?』

わたしも、ビジネスの場で、
黒やグレーのパンツスーツを颯爽と着こなした
素敵な女性の方々にお逢いする機会が多いです。

でも、皆さん「地味な印象」なの?
というと、そうでは、ありません。

ENTRY_5300_456089e1cc4e7過去の「Q&A」の中で、
「女性経営者に最適なのは【ブラックスーツ】」

https://profile.ne.jp/pf/shigiharamistgray/qa/detail/1268

というお答えをした記事で紹介させて頂きましたが、
インナーのデザインや色・小物使いで、
イメージをコントロールする事も出来ますよ。

パンツスーツは面積が多いだけに
色からのインパクトも大きくなります。

パンツスタイルのコーディネイトを明るく華やかに
するには、顔周りを明るくする事。


お奨めはジャケット!
「少しピンクがかったベージュ」*画像1
「ライトグレイ」*画像2のジャケット。
ブラックとの組み合わせも上品で綺麗です。
*画像:マガシーク

http://www.magaseek.com/

ENTRY_5300_456089e1d0381今シーズンのファッショントレンドカラーは「ブラック〜グレイ。」
ということもあってこれらの色と相性バツグンな

「ワイン〜ピンク系」のブラウスやインナーは落ち着いた華やかさを
「ライトグレイ」のパンツスーツは上品な明るさを演出できます。

素材・デザインも豊富に揃っていますよ。

*「買い足しアイテムのお買い物の時には、
組み合わせしたい洋服を着ていくことで
コーディネイトした時の印象を確認できます。」

★ぜひ、お試し下さいネ!   しぎはらひろこ

 

 

【服飾戦略セミナー】参加男性の本音!? 1.

ENTRY_5389_4566b9a7e558cこんにちは、しぎはら です。

先日、大手人材派遣系の会社で
SE系の専門職の方にむけた
「服飾戦略セミナー」を行いました。

『普段は、あまり服装に興味がない』

という方が多いので
研修ご担当者様から
『是非、先生のセミナーで【見た目も実力のうち】
である事に気づかせてください』
という、ご依頼を頂きました。

受講前の服装に対する認識は「無」が65%
25〜40代の方々が中心。

「男性ばかり、しかもあまり服装に興味がない!!」
という事(ちょっぴり不安!大丈夫かな?)

最初は皆さんかなり懐疑的?

でしたが、セミナー開始40分後には
笑いあり、コメントありの大盛り上がり!

アンケートの集計結果では(コメントは抜粋)
■セミナー感想 (*5段階評価)
●評価→5

■印象に残った内容
●「着る」から「装う」に変化していく意識改革
●服によって自分の行動が無意識に変わっているという話
●自分の好きなタイプのシャツが、実は印象を悪くしていた
●シャツやネクタイの色が与える印象の大きさ

■それについての感想・意見
●第一印象というものの大切さがわかった
●「なるほど!」と驚く事がたくさんあった
●もう少し考えてスーツを買います
●理由を納得出来る言葉で説明頂いたので有難かった

■セミナーの運営について
●講師(教え方等)→5
●講師(セミナー 内 容 )→5
●テキスト    →4,5

■セミナー内容へのコメント
●次回はもう少し長い時間でゆっくりと
●もっと長い時間で細かい話し(鞄・ベルト)
について聞きたかった。
●非常に興味深い内容でした。
●とても有意義なセミナーでした。
●帰ってから、嫁とゆっくり考えて見ます。

*続きはコラム2でご覧くださいね。

「服飾戦略セミナー」参加男性の本音!? 2.

ENTRY_5390_4566c4651b1fdこんにちは、しぎはら です。

前回のコラム
【服飾戦略セミナー参加】男性の本音!? では
SE系の専門職の方にむけた
「服飾戦略セミナー」を行いました。

というお話しをしました。

セミナーアンケートの結果の続きです。
●時間があれば個人的センスアップのアドバイスも
頂きたかった。
●このようなセミナーは、新入社員にも絶対必用!
もっと、早く聞いていれば、無駄な買い方をしなかったと思う
●年上に見せようと選んだ服が、実はかえって幼さ  を強調していたとは!
週末にシャツとネクタイを買いに行きます。

などなど、
うれしい評価と、お言葉をたくさん頂きました。

セミナーの度に思うのですが

1.毎日身に纏う洋服にもかかわらず、
正しい知識をキチンと学ぶ機会がなかった
2.和服のように、生活の中で着る文化が伝承
されていない
3.教育課程で、洋服について学ぶ機会がない

という、現実を残念に思います。

なぜなら、セミナー数日後にお逢いすると
皆さん見違えるほど
好印象&男前になっているからです!

知識を学ぶ事で
すぐに実行に移せるのも
このセミナーの良いところだと自負しています。

そこで、今回は
セミナー参加者の皆さんからリクエストを頂いた
「イケメンに変身!しぎはら厳選・お奨めサイト」
をご紹介します。

★シャツ&ネクタイなら TULB
イタリアで買い付けした生地で仕立てた
オリジナルタイ&シャツ。
英国で縫製、特に色が豊富で、美しい!
・http://www.tulb.com/

★スーツから小物まで品格のあるセレクト
ゼニア・バルベラなど、
イタリア最高級スーツから
一流ブランドスーツが50%オフ !
・http://www.rakuten.ne.jp/gold/suitshop/index.html

【渡辺謙・黒木瞳 .】ベストドレッサ-授賞式会場!

ENTRY_5540_456f9fdeb23eeこんにちは、しぎはらです。

先日、第35回ベストドレッサー授賞式が
赤坂プリンスホテルで行われました。

私の所属する「日本メンズファション協会」
が主催するもので、今年は第35回。

2006年の受賞者は
・渡辺謙
・黒木瞳
・リリーフランキー
・荒川静香
・ボビーバレンタイン
・新浪剛史

といった、とっても豪華な著名人の方々。
※画像はサンケイスポーツ 30日付

最前列で拝見する事が出来るもの
協会員ならではのうれしいところ!

スポットの中で光り輝く存在感。

卓越した方々の発するものは
「存在感=印象」をはるかに超え
「オーラ」を放つものだということを
改めて深く感じ入った時間でした。

特に「渡辺謙さん」の存在感は
彼の動き・声に反応して
会場の空気そのものが動いていくような
鮮烈なパワーと輝きがありました。

内に秘めた思いが
その強さを抑えきれずに
輝きとなって体の外へと溢れ
そこだけが
美しい光に包まれているかのようでした。

「人の視線に磨かれる」とは

【自分が何者であるか・
人として何をすべきかを深く認識することにより
思考・表現=内から外へと香り立ち、昇華される】

という事でもあるのですネ。

日々の思いの積み重ねが
美しいエネルギーとなるよう
改めて、自身のあり方を
高めていこうと思った
感銘深い一日でした。

皆さんも「印象〜オーラ」へと
繋がるような、【意志の明確な生き方】って
素敵だとおもいませんか?

★わたしも「美しいオーラのある人」を目指して、日々精進いたします!

「印象の謎 !【メラビアンの法則】って本当なの?」

こんにちは、しぎはらです。

印象について考える時
以前から気になっていた事があります。

【メラビアンの法則】

という言葉を耳にしたことはありませんか?

マナー・プレゼン研修などでよく出てくる言葉。

【人の印象の93%は、
「服装やボディ・ランゲージ、パラ・ランゲージ」で決まってしまう。
相手の印象を良くしようと一生懸命に言葉を選んだとしても、
成果 を得るのはせいぜい7%でしかないのです。】

という、妙に,信憑性がある説明。

服飾・マナープロトコールの専門家として
30年のキャリアを基に
これまでの、マネジメント・コントロール指導
の経験から考えると

この説明は、やはり、おかしい!

イメージコンサルタント・パーソナルカラー
をはじめとする、
印象に関するお仕事の方々のHPでは

【人の印象は93%が外見で決まる。
ですから、〇〇〇が必用です】 

との説明がすごく多いのです。

でも、本当なの!? で、それは何故?

というところまでは、
残念ながら解説されてません。

そこで、専門家の立場から検証してみました。

【メラビアンの法則】については
現在、Web上で見られるものでは
以下のサイトが一番わかりやすく
正しい認識が出来ると思うので
ご紹介しておきます。

●天使と悪魔のビジネス用語辞典
【メラビアンの法則】the rule of Mehrabian

http://www2u.biglobe.ne.jp/~hiraki/d74.htm

  ★☆続きは 「印象の謎 2」でお話しします。
   お楽しみに!