Archive for the ‘選ばれる人の服飾戦略’ Category

スピーチコンサルタント 矢野香さん

2014-08-19

yano9.14.34■プロフィール

スピーチコンサルタント。
信頼を勝ち取る「正統派スピーチ」指導の第一人者。

NHKでのキャスター歴17年。
主にニュース報道番組を担当し、 番組視聴率20%超えを記録した実績を持つ。大学院では心理学の見地から「話をする人の印象形成」を研究し、修士号取得。 現在は、国立大学の教員スピーチ研究を続けながら、 政治家、経営者、上級管理職、ビジネスパーソン、学生などに 「信頼を勝ち取るスキル」を伝授。

相手に与える印象の 分析・改善力に定評があり、話し方・表情・動作を総合的に指導。 全国から研修・講演依頼があとをたたない。 著書にベストセラーとなった『その話し方では軽すぎます! 』 (すばる舎)などがある。

■著書

book03-215x300 book01-215x300 book02-215x300
【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法―NHK式7つのルール― その話し方では軽すぎます!エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』 その堅苦しい話し方は、行きすぎです! ~エグゼクティブが実践している「話す技法」

 

スタイリングその後の変化など

その道のプロに任せる大切さを学びました。 しぎはらさんに作っていただいたスタイリング姿のイメージ写真を出版に際し、帯写真で使用しました。今ではこの写真が私のアイコンとして認識されています。【ひと目で自分が何者か?を示すものがファッションである】と断言した鴫原さんの哲学を身に染みて実感しています。

2冊目の時に写真を変えようと他のスーツなどで試行錯誤したのですが、やはりこのスタイリングが私という存在感を一番的確に表現しているという事でこの写真を帯に使っています。

講演や、セミナーが多いのですが、何を着るのか?迷うこともないし無駄な服を買わなくなったことで、スタイリングの費用対効果の高さも実感しています。先日、しぎはらさんから『香さんの服を見つけたので、品番とメーカーをメールしました。』と連絡がありました。濃紺に白いトリミングの、矢野香ジャケットでした(笑)

講演や、セミナーが多いのですが、何を着るのか?迷うこともないし無駄な服を買わなくなったことで、スタイリングの費用対効果の高さも実感しています。先日、しぎはらさんから『香さんの服を見つけたので、品番とメーカーをメールしました。』と連絡がありました。濃紺に白いトリミングの、矢野香ジャケットでした(笑)

スタイリング当時は、アナウンサーとしての好感度を意識して、 個性的な服は避けていました。 平均的な服、無難な服が多かったです。 主役は自分ではなく伝えるべきニュースなのだから、 自分はあまり目立たないようにしていました。しかし、しぎはらさんのスタイリングは、まず最初に「矢野香」という人物を言語で明確にする事でした。ですから実際に洋服を買いに行く迄の3か月間は、電話やメールでコンサルを受けながら、徹底的に中身を言語しました。その理由を実感したのは、洋服を買いに行った時のことです。サイズ合わせで1ミリにこだわる姿から、洋服に対する しぎはらさんの愛を感じました。 人に見られることを意識して、メッセージを発信することは私も意識してきたつもりでしたが 、中でも洋服や見た目に対する半端ないこだわり様は 気持ちがいいほど、一流のプロの仕事でした。 鴫原さんに学んだことは、その道のブロに任せる大切さでした。

しぎはらひろ子スタイリングアドバイス

shigihara 0.40.55◆服飾戦略概要:内面ヒアリング→ブランド方向→視覚情報としてのスタイリング

矢野さんの「正統派スピーチコンサルタント」 ・「NHKアナウンサー」・という方向性を、いかに視覚情報に落とし込むか?まずは象徴的な色を選択した。色彩心理で正統派と伝えるには「信頼」を表す濃紺・NHKというキーワードは「清廉潔白」という概念に置き換え、折り目正しさという意味を込めてジャケットの周りを縁取る白で表現した。 このタイプのベーシックデザインのジャケットは、流行と距離を置きながら愛されてきた基本のデザイン。今回一番慎重に選別したのは「素材」と「フォルム(型紙)」である。同じ生地でも、どのような糸でいかなる手法で織られたのかが、布地の光沢や・シャキッと感に出る。さらに立体になることで 衣服としての品格に繋がり、ひいてはそれを纏う人の存在感に大きな影響を及ぼすことになる。 矢野さんの存在感の根底を支える品格を視覚情報化したスタイリングとした。

*スタイリングポイント:働く女性にとって、日常から仕事への切り替えには、ある種の儀式が必要だと思っている。特にジュエリーやアクセサリーは、身に着けるというよりは心に直接重ねるものなどだと感じている。 矢野さんは、二人のお子様の母であり、彼女が【母の私から、仕事の私】に切り替わるスイッチとして、クリスタルを象徴する正統派ブランド【バカラビジューアクセサリー】を用意した。 スタイリングの際にも「これがあなたのアイコンです」と思いを込めて説明をさせていただいた。 話し方を伝える彼女の胸元で輝く「イリゼルビー」の高貴な赤は、歴史と伝統に磨かれたブランドにしか作り上げることのできない特別な輝き。内面に宿る熱い情熱と、決して屈することない気高い心をもつ、矢野香さんの象徴でもある。

服飾戦略コンサルティング・メディアスタイリングについて
スタイリングの流れはこちらお申し込みはこちら

 

[選ばれる人の服飾戦略]ベストセラー作家 池田千恵さん

2014-08-17

ikeda-san_0406simg_20

■プロフィール

福島県生まれ。磐城女子高校卒業。
慶應義塾大学総合政策学部卒業。

起業家精神を鍛えるため、社員数270名(2010年3月現在4144名)のワタミに新卒で入社。 ワタミのブランディングを手掛けた敏腕プロデューサーK氏の下で戦略デザインを学び、外資系戦略コンサルティング会社に転職。

パワーポイントプレゼン資料作成のプロとして、毎日50~100枚、累計75000枚以上のプレゼン資料を作成し、プロジェクト成功を陰で支えてきた経験から、考えをまとめる/人を動かす図解資料のポイントを体系化。

図解による思考整理術を駆使して悩めるビジネスパーソンの「モヤモヤ」を解消し、自分の人生を思い通りに生きるための目標達成術を指南している。

早起きで人生を変えた経験から「Before 9(ビフォア・ナイン)プロジェクト」を2009年よりスタート。
プロジェクトの一環として「早朝グルメの会」「Before 9 講座」を随時開催中。
2009年7月発売『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』 は、韓国版、台湾版発売
2010年3月発売『夢が現実化する「1枚図解」』は台湾版発売
2010年10月発売『朝活手帳2011』は店頭で完売。
人気を受けて新たに『朝活手帳 日付フリー式』を発売。

Twitterでは、朝4時に起きる「ヨジラー」が増殖中。

≫仕事の見える化、コンサルテンィグ CONECTA[コネクタ]詳細はこちら
■著書

描いて共有! チーム・プレゼン会議術 「仕事を任される人」になる5つのルール 「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! (PHP文庫) 「『朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! (マガジンハウスムック) 「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!
描いて共有! チーム・プレゼン 会議術
出版社:日経BP社
「仕事を任される人」になる5つのルール
出版社: 大和出版
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! (PHP文庫)
出版社:PHP研究所
「『朝4時起き」で、
すべてがうまく回りだす! [ムック]
出版社:マガジンハウス
「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!
出版社:マガジンハウス
「朝4時起き」で、 すべてがうまく回りだす! 「朝4時起き」で、 すべてがうまく回りだす! 夢が現実化する「1枚図解」 朝活手帳 『朝活アプリ』池田千恵
『絶対!伝わる図解面白いほど通る プレゼン作成術』
出版社: 朝日新聞出版
「朝4時起き」で、 すべてがうまく回りだす!
出版社: マガジンハウス
夢が現実化する 「1枚図解」
出版社: 明日香出版社
「朝活手帳」
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン
『朝活アプリ』池田千恵
(販売:ディスカヴァー・トゥエンティワン)

スタイリングその後の変化など

ikeda_photo予算が限られている中でいかに魅力的に見せるかを 考えてくださり、ただ高価なものを選ぶのではなく、予算に応じて、 お得なのに上質に見える服を選んでくださいました。本物を知っている鴫原さんだからこそ、 お値段と品質のバランスをきちんと見極められているのだな、 と思いました。 また、デパートのショップをまたいで試着するという経験は 始めてでびっくりしたのですが、それができるのは鴫原さんだから こそだと思いました。 さらに、メイクの基礎まで徹底的に指導してもらえた おかげで、人前に出る自信がつくようになりました。

服装で人は変わると感じました。 自分が着たい服だから、ではなく、 自分が相手にどう見られたいか、を 意識するようになりました。自分がどうありたいか、を意識して それにふさわしい服装を選ぶ、という視点で 物事を見ると、店員さんに無理に進められて 本意でないものを買うということもなくなりました。

■しぎはらひろ子のスタイリングを体験してみて

img_17◆スタイリング前、当時の心理などお聞かせください。

今までは「千恵ちゃん」と呼ばれる妹的な扱いが多かったのですが 「千恵さん」と、一目置いて扱われるようになりました。

会う人に「オーラがある」「遠くからでも千恵さんだとわかる」 と言われるようになりました。

どこに行っても見られても恥ずかしくない自分でありたい、 と思い、背筋が伸びるようになりました。
自分を最も良く見せてくれる服を着ている、という自信が、 姿勢や表情にでるようになりました。
装いは顔つきや気分を、ひいては生き方をも大きく 変えるものなのだ、と実感しました。

◆◆お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!

しぎはらひろ子スタイリングアドバイス

shigihara 0.40.55◆服飾戦略概要:内面ヒアリング→ブランド方向→視覚情報としてのスタイリング

これから著者デビューという、ブランディングの要の時期に服飾戦略を受けていただいた。 それまでの千恵さんは、心の優しい素直なお嬢さんという印象だったが、著者として多くの女性から信頼され・慕われる「憧れのお姉さん」になるための、内面作りとキーワードが必要になる。そのため綿密にヒアリングを重ね、1年後・3年後を具体的に考えながら、ブランドイメージを言語化した。 著者としてブランドを背負い世に出ていくために必要なのは、揺るぎない未来の自分像描き、臆することなくその人物になりきる力でもある。

ikedachie-profile千恵さんには「女優力」無くしては、着こなすことが難しい白いスーツに光沢素材の赤いブラウスを用意した。少し背伸びをした勝負服ではあったが、その白いスーツをスタート地点とし、自らが進化しながら美しさに磨きがかかっていく様子は、ともに描いた未来を超える、素晴らしい活躍ぶりである。

*スタイリングポイント:出会ったころの池田千恵さんは、内面に宿るこれから大きく開花していく魅力の種にまだ気づかれていなかったせいか、とても謙虚。が、著者は本を通じ、その哲学を伝えることで多くの女性の尊敬を集め、魅力あふれる憧れの存在で在ることを求められる。そのため、服を通じ、日常の自分と、著者としての自分の切り替わりスイッチの役目となる、着こなすには緊張を強いられる白いスーツを用意した。インナーは光沢素材の鮮やかなワインカラーのブラウスを合わせ、黙っていても華やかな印象になるよう意図的に創りこんだ。この服飾戦略がきっかけで、他者目線で自分を見ることを学び、顔つきや生き方が大きく変わっていく姿は、未だにさらなる高みに向かい進化し続けている。服は人生を拓く最強のパートナーであることを再認識させて頂いた。


服飾戦略コンサルティング・メディアスタイリングについて
スタイリングの流れはこちらお申し込みはこちら

教育ジャーナリスト/書籍プランナー  中曽根 陽子さん

2014-08-17

nakasoneprof

■プロフィール

小学館を出産のため退職後、1994年、子育て中のママたちが子どもと一緒にあそび場をチェックし紹介する『子どもとでかける大阪あそび場ガイド』(メイツ出版)を作成。取材から執筆、イラストまで全て母親達の手によって作成した本書は、今なお改定版を重ねるロングセラーとなり、シリーズ累計50万部超。その後のあそび場ガイドシリーズ全国展開の先駆けとなる。
1998年、『OFFICE あんぐる』を立ち上げ初代代表に。
2004年新たに女性のネットワークを活かした編集・取材活動を行う、情報発信ネットワーク「ワイワイネット」を発足。「お母さんと子どもたちの笑顔のために」をコンセプトに、数多くの書籍をプロデュース。

現在は、教育ジャーナリストとして、教育雑誌から経済誌、日経Bizアカデミー、読売受験サポートなど紙媒体からWEB連載まで幅広く執筆する傍ら、海外の教育視察も行い、偏差値主義の教育からクリエイティブな力を育てる探求型の学びへのシフトを提唱。講演活動やワークショップも行っている。

img_14近著に『子どもを伸ばす眠りの力』(wave出版)『ママが子どもを地震から守るための本』(メイツ出版)『後悔しない中学受験 改定新版』(晶文社)、『おかあさんのための はじめての中学受験必勝ガイド』(メイツ出版)『子どもがバケる学校を探せ! 中学校選びの新基準』(ダイヤモンド社)など多数。

新しい時代を創る子ども達が思う存分その力を発揮するために、母親自身が新しい時代をデザインする力を育てたいと、「Mother Quest ~learning platform for creative mothers」を立ち上げた。

■著書

51n0xEHp4bL._SL160_ 41jiPaawNML._SL160_ image
子どもがバケる学校を探せ!
中学校選びの新基準
マンガ版 子どもが伸びる!
コーチングブック
子どもを伸ばす
「眠り」の力

 

スタイリングその後の変化など

img_15自分をより客観視できるようになり、プロとしての自覚が増した。 メディアで取り上げられることも多くなり、仕事の依頼先が変わった。より自分のしたい仕事をすることができるようになりました。
まず、私が誰に何を発信して行きたいのか。そのために、人にどういう印象を与えたいのか。好きな事、嫌いな事など1時間ほどヒアリングを受けたあと、テーマカラーや質感、スタイルなどを決めて買い物に。 場面別に メインのスーツとオフィスカジュアルの組み合わせを選びました。 それに合わせるインナーやパンプス。バッグ、アクセサリーなど小物類も調達。 スーツは細かく寸法もチェック。体にフィットするように、細かいお直しも指示。 メイクは化粧品売り場で、自分が好きなメイクをしている美容部員のいるところで、実際にアドバイスを受けながら購入するというテクニックを教わりました。 色合わせや生地の質感など、写真に写ったときの事も考えた服選びをアドバイスいただきました。

プロとして自分をどう表現するのか、その自覚を持つ事の大切さ。仕事において、人から信頼を得る上で、ファッションの力は大きいということを知りました。

・イメージブランディング ・ブランドコンセプト
・プロフィールの明確化による 言語キーワードの視覚化
・服飾戦略(メディア用・講演用)
・イメージカラー ・細部の詳細 ・基礎からフルメイク
・撮影同行 ・撮影同行 ・メディア用コメントレッスン →試着&買い物


服飾戦略コンサルティング・メディアスタイリングについて
スタイリングの流れはこちらお申し込みはこちら

「服飾・デザイン・ブランド構築」本物の知識と技術の習得を。
稼げるイメージコンサルタント・パーソナルスタイリスト・パーソナルカラーコンサルタントを育成します。

Copyright(c) 2014 shigiharahiroko All Rights Reserved.